転職,仕事,求人

様々な就職・転職エントリー一覧

専門職求人への就職
就職先に専門職を選びたいという方は、まずは専門職の求人に関する情報収集をする必要があります。ネットには専門職の求人ばかりを集めたホームページもありますので、そういったところを利用しましょう。専門職の求人への就職は狭き門とされていますので、一般の求人情報誌や求人サイトですとなかなか就職への道が開きにくいのが現状です。しかしインターネットを介し、専門職の求人情報を知ることが出来れば、理想の就職先との接触が比較的容易になります。専門職といえども、中には未経験でも応募可能という企業も存在します。やったこ...
障害者の求人と就職情報
会社によって、障害者の採用に対する態度は様々で、障害者枠を設けて求人を行っている会社も存在します。ですが、どのような求人情報があるのか、障害者の場合は情報収集ひとつとっても大変です。この頃は、障害者と企業との求人と求職のマッチングをする就職支援が進んでいます。広くネット環境が整ったことから、障害者を対象とした求人情報を主に集めて掲載しているというサイトも増加する傾向にあります。インターネットには優れた点があります。インターネットでは検索システムが充実していますので、調べたい単語を入力すると、知り...
求人情報を利用した就職活動
就職活動を成功させるために、心がけるべきことは何でしょう。特に初めての就職活動や転職活動で悩んでいる方なら、まずは求人情報を絞るところから始めましょう。何を優先して求人情報の中から自分の希望する仕事をピックアップするのか、要点を書いてみてください。月々の収入を最優先するのであれば、休日や待遇は少しは我慢しなければならないかもしれません。職種を限定したり、これまでの仕事と同じ仕事をしたいというなら、収入には多少目をつぶる必要があるかもしれません。就職活動は目的でなく通過点であることを理解し、今まで...
福祉の仕事に就くには
福祉関係の職業を得るには資格が必要になりますが、資格を得るには難易度の高い試験を突破する必要があることが多いようてず。社会福祉士の場合は国家試験が必要になります。福祉系大学を卒業するほか、社会福祉一般養成施設を卒業して、社会福祉士の試験資格を得た人が試験を受けることが出来る資格である。年間1度国家試験での合格が求められる資格には、精神保険福祉士があります。精神保健福祉士の受験資格は保険福祉系の大学を卒業するか、一般大学を卒業後に精神保健福祉士養成施設を卒業する必要があります。または指定施設で福祉...
福祉の仕事について
何かと話題の福祉事業ですが、福祉関係の仕事には何があるでしょう。福祉の仕事は多種多様に及んでいるのが特徴で、まず初めに、福祉の仕事にはどんな種類のものがあるのか、いくつか見てみたい。社会福祉士と介護福祉士が、最もよく知られている福祉職です。福祉や介護に関わる仕事をしたいと考えてる人ならまず考える仕事です。専門的な知識や技術をもって、身体や精神に障害がある人や生活環境上、日常生活に支障がある人たちの相談やアドバイスを行う仕事です。生活相談員や児童相談員という肩書きで、市役所や福祉事務所の職員として...
福祉の仕事に求められるもの
社会福祉士や介護福祉士、精神保健福祉士、知的障害者相談員などの人たちが、福祉の現場では主に求められている人材です。これ以外にも福祉関連の仕事は数えきれない程あります。老人社会になっていくであろう日本では、介護福祉サービス等の充実が今以上に求められていくと予想されます。高齢者に限らず児童障害者の中にも、福祉関連の仕事に従事する人を必要とするケースは少なくありません。若年層の中でも福祉関係の仕事への興味関心を抱いている人はたくさんいるようです。真剣に福祉の資格を取得しようと頑張っている若者や、ボラン...
派遣は高収入の仕事
高収入の仕事と言われると、まず派遣の仕事が思い浮かびます。派遣の仕事はどうして高収入なものが多いのでしょうか。派遣の仕事は正社員などと異なります。登録した派遣会社はもちろんのこと、派遣先の会社にも保健の加入義務が無いからです。一方正社員の場合では、会社は社員を保険に加入させなければいけません。そして保険料の一部は会社が支払うことになります。派遣の仕事はこのような保険がかからない代わり、高収入が期待できるわけです。派遣は正規雇用ほどの福利厚生がなく不安定な立場にあると言われています。ローン審査の場...
第二新卒の転職活動について
転職をするに当たって、第二新卒に該当する方は他の方とは別個の対象枠があります。高等学校、大学、専門学校等を卒業して何らかの会社に就職した後、1年〜3年未満で退職し転職活動を行っている人のことを第二新卒といいます。最近では、短大や大学卒の新社会人の3割〜4割が3年弱で退職してしまうというデータもあるようです。社会の傾向として早期退職者が増えてきたことから、第二新卒者という言い方も一般的なものとなりました。この頃は第二新卒を積極的に採用しようとする会社も増加し、第二新卒はひとつのステータスとして定着...
転職市場での第二新卒の企業評価
第二新卒は、転職する上でどのような位置づけにあるでしょう。採用する会社側が第二新卒に対してどういったスタンスでいるかを知ることは、第二新卒が就職活動を成功裏におさめるためのキーポイントです。第二新卒で転職する場合に一番不安になる事は、3年未満の退社は企業からどう評価をされるかという事ではないでしょうか。第二新卒で転職する人に対しては、特に年配の採用担当者は、たった3年も勤められない人というネガティブな印象を持たれている事が多い様です。第二新卒で転職する人が全てダメかというと決してそういう訳では無...
第二新卒の転職事情
不景気の影響で、新卒採用者の内定を取消しする企業も少なくないようです。新卒採用者の内定取消し問題は大きな話題を呼んだニュースにもなりました。新卒者の就職活動も苦しくなっている中、第二新卒の転職活動の道も困難なものになっているようです。第二新卒の転職活動には、キャリアチェンジというこれまでの業種と異なる分野へ転職しようとする動きがあります。とはいえ、会社側としては、即戦力になる経験者を求めているようです。第二新卒が転職活動を成功させるには、会社側は即座に戦力になりうる人物像を求めていることを前提に...
損害保険会社の事務仕事
損害保険会社やその代理店では事務処理全般を担当する仕事があります。それが損害保険会社の事務の仕事です。内容が多様化してきている損保業界では今事務的な部分でもスペシャリストが必要とされています。金融の自由化の影響でしょう。一般事務より専業化した損保事務スキルを身につけることができれば、損保会社の事務の仕事によって一層のスキルアップをはかることができるでしょう。損害保険会社の事務では、保険に関する見積書や申込書、契約書、保険証書などの書類作成をします。その他には損害保険の契約に伴う申込書、変更書類の...
損害保険会社の事務に必要なスキル
損害保険業務全般を扱う損害保険会社の事務の仕事には、損保の内容について広い知識が必要になります。また損害保険会社の事務にはいつも学び続ける気持ちがあることが大切です。損保の内容は年々多様化しているからです。電話対応もしなければなりませんから、迅速で的確な行動が取れるように保険についてはしっかり知っていなければなりません。そのため損害保険会社の事務の選考には経験が重視されることが多いのです。経験があるかどうかや、資格が採用の時の条件になることも多いようです。損害保険代理店資格や損害保険募集人資格な...
損害保険会社の事務資格
損害保険会社の事務仕事につくために必要な資格は、まず損害保険募集人資格です。資格の種類は専門性が高くなるとグレードアップします。この資格は損害保険業務の最も基本的な部分についてのものになります。損害保険会社の事務仕事は資格を持ってなくとも事務業務につくことはできます。ただし即戦力が欲しい損保会社などは、採用条件に資格を必要としていることろが多いようです。保険業法第276条に定められていることがあります。それは損害保険の募集を行うには資格が必須ということです。そのため、損害保険会社の事務でも資格を...
エキストラバイトの申し込み方
エキストラのバイトは登録制が主で、専門のプロダクション等のエキストラ派遣会社等に登録する仕組みです。エキストラ募集の詳細は会社によって異なります。自分が仕事をしたい前日に電話をかけます。そしてプロフィールに合っているエキストラの仕事を紹介してもらうのです。仕事の紹介は自分のスケジュールに合わせてしてもらえます。そうはいってもエキストラのバイトはいつも自分のスケジュールにちょうどよくあるとは限りません。一番エキストラのバイトで需要があるのは、男性で20代後半から30代の年齢の人です。本業が忙しいカ...
エキストラのバイトの拘束時間
一定した拘束時間ではないのがエキストラのアルバイトです。アルバイトの報酬はエキストラの場合1回の仕事ごとに発生するものです。延々と撮影に時間がかかることもあれば、短時間で終ることもあります。そのどちらもエキストラのアルバイト代は同じです。大体5時間前後の拘束時間が1回のエキストラのアルバイトになりますが、長いと10時間を越えることもあります。早くおわるときは3時間ということもあるでしょう。でも拘束時間のほとんどがエキストラのアルバイトの場合は待機時間になります。撮影にかかる時間はそんなに長くない...
日雇いバイトとネットカフェ難民
ネットカフェ難民と日雇いアルバイトには深い関係があるようです。これまで過ごしていた実家やアパートを諸般の家賃滞納や家庭事情などで退去して、24時間営業のネットカフェや漫画喫茶を生活の場としている人たちがいます。俗に言うネットカフェ難民とはこのようにネットカフェで生活をしながら朝になると日雇いアルバイトに行き暮らしているのです。ネットカフェ難民は一般的に働く意思を持たない路上生活者とは対照的にそのほとんどの人が働く意思を持っています。2007年時点で推計され発表されたネットカフェ難民の数は5400...
日雇いバイトの職種
アルバイトを日雇いでする場合どんな仕事があるのでしょうか。建設現場や製造ライン作業などはよく知られていますが、このほか倉庫内作業といって、仕分けや荷物の搬入、搬出、梱包、積み下ろし、製本補助、移転、検品、ピッキング、ラベル貼りなどがあります。日雇いバイトの職種の事務系ではデータ入力、ファイリング、テレマーケティングなどがあります。インターネットの検索サイトなどで「アルバイト情報」「日雇い」などの単語で検索をすれば、バイト求人情報サイトを見つけることが出来ます。日雇いアルバイトの求人の詳しい情報は...
在宅ワークの現実
在宅ワークのお仕事でよく目にするデータ入力といっても単純な入力作業だけという訳ではありません。それぞれの企業で仕事に対する指示が異なってきます。さらにすべて自分自身で経理から備品の購入まで準備しなければならないのが在宅ワークの大変なところです。在宅ワークの場合、一般的に報酬は出来高制のようです。使えないデータやミスタッチに対してはいくら時間をかけて作成したとしても、お金が支払われない場合があります。在宅ワークの初心者なら換算してみて時給500〜600円ぐらいというのが実情です。在宅ワークの良いと...
在宅ワークのデメリット
メリットばかりが目に付いてしまう在宅ワークですが、デメリットがあることを忘れてはいけません。在宅ワークの中には確かに大きく稼げる可能性のある仕事もあるかもしれません。しかし結果が出なければ収入ゼロも確実にありえます。この在宅ワークのデメリットをしっかりと知識の中に入れておかなければならないでしょう。さらに在宅ワークについてもっと考えてみると、在宅ワークをする人は自己コントロールをして、納期を厳守するなどの必要があると言えます。在宅ワークでは経費を自分で負担するというデメリットもあります。会社に勤...
損保事務の職場環境
最近の損保事務の職場環境についてご説明しましょう。色々な形があるのが損保の事務で、正社員、パートタイマー、派遣とさまざまです。仕事の内容も一般事務から損害保健関係の事務まで色々です。損保の代理店は全国どこにでもあるので、場所を条件に勤め先を探しやすいともいえます。忙しい職場環境のところが、損保関係の事務では多いといわれています。トイレに立つヒマもないほど忙しいという職場環境のところもあります。反面事務の仕事そのものは大変ではなかったというところもあるようです。個人情報を多く取り扱うので派遣社員に...
損保事務のスキルを積むには
損保事務のスキルを積むために注意しておくべき点があります。損保会社の多くが、損保事務の採用募集要項において、資格の有無を問うところや経験者優遇で採用する傾向があります。一般事務の中でも、特に損保事務は専門性が問われる傾向があります。ほとんどの損保会社が、中途採用では即戦力になる人材を求めています。ですから損保事務の経験のある人に来てもらいたいというのは当然ではないでしょうか。まったく経験のない人が損保事務の仕事につく方法はあるのでしょうか。会社の中には、損保の事務に未経験者可で募集をしているとこ...
webデザイン学校の求職活動
webデザイン学校の学生はどのような求職活動になるのでしょうか。webデザイン学校での勉強が終わればいよいよwebデザイナーとして1人立ちです。デザイン会社などに就職するにせよ、独立してwebデザインの仕事を受けるにせよ、自分自身で仕事を探さなければならないのです。webデザイン学校に通っているうちに、求職活動の準備しておくかなければならないでしょう。学校のカリキュラムが終わってから求職はするのでは遅すぎます。一通りのwebデザインのスキルを身につけてからにしたいと考える人もいますが、それでは間...
webデザイン学校で身につくスキルについて
webデザイン学校で身につくスキルについて。webデザイン学校でwebデザイナーになるために学ぶべき事は、パソコンを扱うための基本的なスキルだけではありません。パソコンを使ったサイトデザイン、グラフィックデザイン、web構築能力などのスキルなどを学ばなければなりません。まず始めに基礎的なアプリケーション作成能力をこれらのスキルを効率よく学ぶためにwebデザイン学校で身につけます。そして実際のサイト構築やグラィック作成を行うこともできます。webデザイン学校では、ホームページを記述するためのプログ...
出産後の仕事と子育て
現在では、子育てに育児休業中の1年間は専念したいけれど仕事に復帰しなければならないなど、社会的役割を持つ女性が増加している。そしてたくさんの女性が、多くの負担を抱えながらも産後間もなく仕事復帰しているのである。さらに多くの女性が今後子育てに必要な経費はもちろん、家計を支えるためにも出産後できるだけ早く新たに仕事に就きたいと思っているようだ。今はまだ出産後の女性が早々と仕事に就くための制度としての子育て支援や、保育園や託児所などの環境は十分ではないといえる。ワーキングマザーを目指すのであれば、妊娠...
仕事と子育ての両立に向けて
仕事と子育ての両立に向け、まずは産後の自分自身の身体を仕事復帰に向け十分にケアしていかなければならない。これから子育てを担っていく母親にとって、非常に重要な時期であるといえる産後は、身体のいろいろな部分がもとに元に回復しようとする期間であるともいえる。産後の身体回復をよりスムーズに促すためには、育児休暇を取得せず仕事に復帰をすることを決めているならもちろん、出産した後最低3週間は赤ちゃんと一緒に寝て過ごす生活を選んだ方が良いといえる。出産までに蓄積された心身の疲労が、出産後は完全に抜けきらないと...
子育てと仕事を両立させる環境
女性にとって、子育てと仕事を両立させる環境はとても大切なことである。子供に母親と常に一緒に過ごすのと同じような環境を準備し、子供を守っていかなければならないし、仕事からどうしても手を離せない時や重要な会議がある時に子供が熱を出したらどうするべきかなどの日々起こりうる緊急時の対策をとっていかなければならない。仕事をしながら子育てする母親は、直接的はもちろんのこと、間接的に愛情を注ぐことがもっともっと多いだろう。子供を預けることのできる家族や信頼のおける託児所や保育所を確保できれば安心感は増す。けれ...
在宅の仕事について
よく耳にする在宅の仕事とはどんなものなのでしょうか。総称するとテレワークと呼ばれるのですが、在宅の仕事に関連した言葉にSOHOというものがあります。テレワークとは離れて仕事をする、働くを合わせて造られた言葉で、情報通信技術を活用し、在宅で仕事をする働き方を指します。在宅の仕事には様々な形態があり、まず雇用関係のあるもの、無いものの2つに大きく分けられます。雇用関係のある仕事については、会社員が自宅で働く形態の在宅勤務や、通勤時間の短縮等の為、自宅に比較的近い場所に、情報通信機器等を備えたサテライ...
在宅の仕事の注意点
毎年在宅の仕事が増えてきているようですが、気をつけなければならないこともあります。SOHOというものが在宅の仕事に関係した言葉にありますが、テレワークという言葉はこれらを総称するものです。国民生活センターのサイトには、在宅の仕事に関する相談事例が掲載されています。在宅の仕事を今から始めようとしている人にとっては、参考になる事例です。今は営業のやり方のわからない無い個人の代わりに、企業と在宅ワーカーの間を取り持ってくれる在宅の仕事向けの紹介会社を利用する人も多いようです。在宅の仕事を紹介してくれる...