転職,仕事,求人

就職役立ち情報エントリー一覧

就職時の面接試験について
面接試験は、どのような形で仕事を得るにしても必ず通り抜けなければならない関門です。会社の規模や仕事の内容などによって、就職活動でどのような試験を受けるかは異なります。保育士、美容師、医師、教師、弁護士、など、特定の業務に専従する場合は、高度な専門知識や技能を求められます。これらの職業に採用されるには、まずは該当の資格試験を既にパスしていることが求められます。採用試験と資格試験は違うものですが、就職活動の前提として考えておきたいものでしょう。一般採用試験の場合は資格試験と異なっており、知識や技能を...
就職試験の面接での自己PR
面接試験は、採用試験を行っている会社はほとんど行っており、その骨子は大体同じといえるでしょう。面接では、就職に当たっての自己PRが必要な機会が多いようです。希望の職種を目指すには、面接でいかに自己PRができるかがポイントです。自分の長所や短所を認識することが、自己PRを充実させる方法の1つです。自分について掘り下げるには、自分史の作成などが効果的です。自分史を作るには、昔から興味関心を傾けていたことをまとめてみてもいいでしょう。クラブ活動や出会ってきた人たち、どんな夢をもって生きてきたのかなどを...
就職の面接試験でのポイント
就職の面接試験で大切なポイントがあります。人によっては、就職活動での面接をうまくこなせるということは、面接の場で試験管の質問にうまく答えることと考えているかもしれません。面接は、面接の場での会話が全てではありません。採用企業側は、面接試験という場を通して人となりを見ているのであり、それは面接時間内だけではおさまらないからです。学歴重視の傾向がある企業だとしても、いい大学を出ていればそれで就職可能ということはほぼありません。就職の意思の強い人ほど、心構えを十分にして面接を受けるでしょう。面接の準備...
就職試験と就職活動
面接と採用試験は、目指す会社に就職するために必要な関門です。就職試験とは、自分に合った会社を探し、その企業に入る為に受ける試験の事です。自己の能力を生かせる職場、就きたい職業をはっきりさせた上で、該当する職業の求人を出している企業を探しましょう。では、就職活動で心がける点は何でしょう。求人要項の中から自分の就職したい会社を探し出し、求人募集に応募してその会社に自分自身を売り込み、採用してもらい就職することが就職活動の流れです。会社側は、求人募集に対して応募してきた人材が採用に値するかどうかを、採...
就職サイトの種類について
就職サイトが最近よく利用されているといいます。就職が困難な時期だと言われていますが求人情報は常に何かしらが出ていますので、いち早く情報をキャッチして就職活動に活かしていくことが重要な要点となります。就職サイトは、効率よく希望する求人情報を探すためにとても役に立つものです。ネット上には色々な就職サイトがあり、利用者層や対象となる会社によって差があります。仕事を探している人が学生か社会人かでも、仕事の探し方はかなり違います。リクルート社の就職サイトは、学生によって広く利用されています。新規採用者を対...
就職サイトの内容について
就職サイトで手に入る情報とはどういったものでしょう。就職サイトによって少しずつ特色はあります。求人の詳細や会社のプロフィールを知ることが、就職サイトの基本です。この頃の就職サイトは、求人情報だけでなく就職活動全般で活用できる知識も紹介しています。人材紹介会社や就職活動のサポート企業が、就職活動に必要なものや有用なスキルについて教えてくれるところも存在します。満足のいく就職活動をやり遂げるには、一般常識や基本的なマナーだけでなく表現力や会話力なども必要です。コンサルタントに相談をすることにより、明...
就職サイト利用のメリット
就職サイトを利用する事でメリットがあるのでしょうか。登録手続きをすることで、成功者の声を聞ける会員用メニューの閲覧が可能になるという就職サイトもあります。人のうまくいった話を聞くことによって、自分もきっとそうなれるという前向きな気持ちで就職活動に挑むことができます。新卒者を対象とした就職情報をニュース配信するサイトもあります。流動的な求人の状況をその時々で教えてもらえるので、臨機応変な行動ができるでしょう。どんな業種が今景気がいいか、今年の採用に積極的な企業はどこかなどをメールの形で教えてくれる...
就職情報サイトの利点
インターネットのサイトで就職活動に必要な情報を収集することができます。就職情報の雑誌などと比べ、就職情報サイトは情報が豊富ですので、選択肢も増えますし、就職に結び付きやすくなっています。常に最新情報に更新されている点も就職情報サイトの強みで、新鮮な情報に触れることが可能です。上手く活用することで他の求職者よりも有利な状況を獲得しやすくなります。就職活動に必要な最新情報を携帯メールに転送してくれるサービスがある就職情報サイトもあり、携帯電話と連携して用いることで効果を高めることができます。就職情報...
就職情報誌の利点
就職情報誌の利点は、地域に密着した求人情報が手に入る点にあります。例えば、転職先の会社が乗り換え無しで電車の通勤ができるエリアに絞りたい場合などは就職情報誌が役に立ちます。通勤に時間を掛けたくない方はもちろん、バイクや自転車で通勤したい方にとっても、有益な就職情報が手に入る可能性が高いといえます。雑誌による就職情報の場合は、急な欠員を補うための人員募集をしていることが多いので、書類選考が省かれる場合が少なくありません。情報誌を見て電話をかけたところ、その場で面接日時を指定されることもあるようです...
就職情報の入手の仕方について
就職情報誌の利点は、地域に密着した求人情報が手に入る点にあります。例えば、転職先の会社が乗り換え無しで電車の通勤ができるエリアに絞りたい場合などは就職情報誌が役に立ちます。通勤に時間を掛けたくない方はもちろん、バイクや自転車で通勤したい方にとっても、有益な就職情報が手に入る可能性が高いといえます。雑誌による就職情報の場合は、急な欠員を補うための人員募集をしていることが多いので、書類選考が省かれる場合が少なくありません。情報誌を見て電話をかけたところ、その場で面接日時を指定されることもあるようです...
インターネットや人材紹介会社の就職情報
インターネットを利用すれば、就職情報を集めたサイトから企業の採用情報を閲覧する事ができます。新聞の折り込み広告なら、地方毎の就職情報を確認することが可能です。インターネットの就職情報ページは求人サイトと呼ばれており、仕事を探す側がタダで情報を閲覧できるように求人情報が並べられています。業種別、地域別の就職情報サイトなどもありますので、まず自分が使いやすいところを探しましょう。派遣会社や紹介会社のサイトや、セミナーなどを定期開催しているところもあります。就職情報サイトは手早く見て回ることで希望に沿...
就職活動時の一般常識対策について
就職活動を成功させるためには一般常識試験の対策が必要です。まずは例題集を多くこなして自信を持ってください。しかし就職一般常識は日頃から意識し、いろいろな事に興味関心を持って生活することも大切です。知識の中にも、行動の中でも、学習すべき一般常識は数多く存在していますので、例題を解く以外のことにも取り組んでください。また、無事に一般常識試験をパスしても、次以降の面接が難しい人もいます。一般常識は大丈夫だという人は少なくないですから、その中からさらに頭一つ飛び出なければなりません。競争に打ち勝つには、...
就職試験に役立つ一般常識試験の攻略ポイント
就職一般常識試験の内容は、読み間違いや書き間違いの多い漢字・四字熟語・反意語・同音異語・ことわざなどの国語の問題が出題されます。一般常識試験の社会科は、古今東西のあらゆる事象が出題範囲です。政治、経済、国際問題、地理、文化などが含まれます。四則演算・二次方程式・不等式・因数分解・図形などの数学の問題も一般常識試験では出題されます。作文能力が問われたり、英語問題がある企業もあります。一般常識試験を問う意図は、知っていて当たり前な教養が身についているか確認するものです。従って、問題は小中学校で習う程...
就職活動の一般常識とは
一般常識試験は、就職活動をする際には大抵の会社が設けているハードルともいえます。就職一般常識は、社会人として当然知っているべきことをその人が持っているかどうかを試すものであり、人員選考の基本となるものです。どのような基準が、一般常識試験には設けられているのでしょう。どうしてこのような試験が必要なのか、実社会では関わりがないのではないかと思ってはいないでしょうか。当たり前のことを理解できないままに世を渡っていれば、いずれ不都合が生じ恥ずかしい思いをすることもあります。どのような状況になったとしても...
ニートと就職活動
フリーターという言葉は今までよく使われてきましたが、最近よく耳にするニートとは、どんな人のことを言うのでしょうか。ニートは、就職や職業訓練などをしていない人を指し、イギリスで名づけられました。定義の上では、ニートとフリーターは違うものです。フリーターは正社員にはなっていなくてもアルバイトやパートの仕事にはついており、生計を立てる手段を持ってはいます。ニートはどのような仕事にもついていませんし、それでいて就職活動の類も行っていないという人たちです。言葉のイメージにおいては、日本のニートはあまりいい...
ニートの就職活動のポイント
働きたいというモチベーションをかき立てるきっかけの有無は、求人にどんなものがあるかにかかっています。一旦ニートと呼ばれる状態になると、新卒者と競争をして採用枠を勝ち取ることは容易ではありませんが、頑張って取り組んでください。自分自身の美点や欠点を認識することは面接でも有利です。採用試験に面接は必ずありますので、見逃せないポイントです。情報を見つける手段は、インターネットの職探しホームページ、ハローワーク、新聞の求人広告などです。求人情報には、希望通りの職業が載っているかもしれません。また、今自分...
ニートの就職成功への道
長いニート期間がある人ほど、就職までの道のりは険しくなるようです。就職活動には面接が欠かせませんし、その場では色々質問されます。仕事をしていなかった理由とか、就職活動をしなかった理由などです。ニートが実際に働くことになったとしても、すぐに辞めてしまうのではないかというレッテルを貼られていることも事実です。採用の道を切り拓くためには、積極的に自分の意志を表明するべきでしょう。会社としても、働く意志の強い人材を必要としていますから、とにかくスタート地点から新卒者に敵わないとは思わないことです。ニート...
フリーター就職事情の今後
近年の景気の回復による事業拡大等により、企業は再び新規社員を積極的に採用するようになりました。少しずつですが、フリーターの総人口は減少傾向にあります。政府はフリーターやニートを減らして雇用を促進する政策を打っており、ようやく効果が現れているようです。事実、フリーターやニートに心ならずもなってしまうという人は数を減らしています。また、就職希望の新卒者の就職率や就職人口数は、回復の兆しをみせています。就職率、就職人口数のいずれも、1980年代後半のバブル好調期くらいまで戻っています。そのまま、景気が...
これ迄のフリーターと就職事情
1980年代後半はフリーターという単語が一般的になった頃です。この頃、日本経済は上昇気流に乗っていました。膨大な労働力が必要とされていた時代で、企業はどこでも人手不足でした。コンビニの増加や建設ラッシュにより、夜中や重労働も厭わないアルバイトが求められていたのです。就職先には困らなかったために、生活の安定より自己実現を優先してアルバイト生活を送っても、問題なく生計を立てることが可能だったのです。経済が低調に転じると、雇用全体の量が減ったことによって正社員の門は狭くなり、低い給与で雇えるアルバイト...
フリーターと就職
何年か前から、フリーターという言葉を耳にします。フリーターとは日本で就職していない就労形態のことを意味します。アルバイトやパートタイマー等で生計を立てている人を指す言葉です。フリーターは、フリーアルバイターとも言われ、就労形態を現す用語なので、職業の区分として用いるのは間違っています。厚生労働省はフリーターの定義として、在学・就職をしておらず、女子は加えて未婚であることのうちどちらかの条件を満たし、年齢は15歳以上34歳以下であることとし、1991年に実質調査を行いました。現在、就業している者に...
フリーターとニートの就職支援
フリーターとニートへの就職支援はどのようになっているのでしょうか。アルバイトやフリーターのままでいる15〜34歳の人数は近年は少なくなりつつあることが労働力調査で判明したと、総務省の発表がありました。近年は景気が回復したことによって各企業の事業は徐々に拡大傾向にあり、それに伴って新規採用人数も毎年増加傾向にあるようです。また、国家単位でニートやフリーターへの就業支援も盛んに行われているようです。正社員の総数は順調に回復し、現時点での国内の就職率は1980年代後半のバブルがはじける直前ぐらいまで戻...
政府の就職支援対策
国家の就業サポートとは、どのようなことをしているのでしょうか。就業援助政策は内閣官房の再チャレンジ担当室で行われています。公務員の採用枠にニートやフリーター用の増員をしたり、企業に対する表象や優遇措置によって再チャレンジ者の支援をしています。安倍総理大臣が現職だった頃に主張していたものが再チャレンジというものです。再チャレンジとは、大学入試や就職活動に挫折したことがある人でも建て直しがきくようにというコンセプトです。厚生労働省の就職支援対策として筆頭に挙げられるのが、若者自立塾です。この若者自立...
就職支援と労働市場について
ある衆議院議員が、ニートやフリーターの就業支援には人手不足気味の農作業につくようにすればいいのではと言ったことがあるそうです。ですが、国内の労働環境は根元からニート問題を解消できるような結論が出ていないというのが現実で、農業支援を行っても急ごしらえの対策にしかなっていないといえます。労働者同士で労働時間を分割しあい、互いの仕事を分け合うというワークシェアリングシステムも、未だに議論が成熟するに至っていません。ワーキングプアと呼ばれる、正社員並みに、あるいは正社員としてフルタイムで働いても、ギリギ...
就職ガイダンスとは
新卒者など、最初に就職をする人のために開催されるものに就職ガイダンスがあります。何をすると就職活動ではいいか、どのような考え方で取り組むべきかを解説してもらえます。初めてその内容に取りかかる人が、どのようにすべきかという解説を受け、時にはやり方を教えてもらえる会がガイダンスです。ひとつの例えとしては、テレビやクーラーなどの家電が突如動かなくなってしまった時などは、サポートセンターに電話をするでしょう。どの機器が、現在どのような状況になっているのか。そして、いつもと違う挙動はどこか。ガイダンスには...
就職ガイダンスと就職セミナー
就職ガイダンスとは、就職活動用語の一つになります。他のジャンルと同様就職活動に関してもそれらの内容を円滑に伝えるための専門用語がありますので、意味をきちんと理解しておくと便利です。就職活動のことを略して就活とも呼ばれています。就職活動で出遅れないためにも、専門的な用語の意味を早い内から知っておき、それらの用語を生かして就職活動を進めるべきでしょう。より詳しく就職活動について知りたいならば、就職セミナーにも足を運ぶといいでしょう。就職ガイダンスよりもう少しつっこんだ話が聞けることがあります。就職セ...
高校生の就職ガイダンス
大学生を対象とした就職ガイダンスに比べ、高校生の就職ガイダンスは開催回数は少ないといえます。大学生を対象とした就職ガイダンスよりも内容は若干薄くなるようですが、高校生を対象とした就職ガイダンスは、各地域、各学校などで開催されています。高校生が卒業した後、進学せずに就職する割合は年々下降してきているようです。加えて高まる傾向にあるのは、高校卒業後、就職希望者が希望の会社に就職できる割合です。そうはいっても高まっているのが、就職後3年以内の離職率だといいます。卒業してから短い期間での離職率が高い傾向...
転職活動に役立つ履歴書とは
転職活動に役立つ履歴書とはどのようなものでしょうか。あなたの強みとなるような履歴書を転職のときに作成する為のポイントはどんなことなのでしょうか。空白欄を作らない事というのは、履歴書を書くときに全体的に気をつけなければならいことです。また記入漏れや誤字脱字などもあってはなりません。写真を履歴書に貼り付けるのですが、証明写真用に撮影したカラー写真の方が印象が良くなります。一般的にスーツ着用の写真にしたほうが、職種により異なるとはいえおすすめです。笑顔での写真は、証明写真ではNGと思われていますが、意...
就職試験の傾向と対策
就職試験には、どんなものがあるのでしょうか。ほとんどの場合、新卒の方の就職試験には筆記試験がつき物です。知識を試すための一般常識や時事問題、語学といった学力や就職試験以外にも、基礎的な国語や算数の能力や性格適性を調べる検査もよくおこなわれています。新卒採用の就職試験で実施される筆記試験といっても、ほとんどは大学受験の様に難しい内容ではありません。とはいっても。この就職試験で苦戦する人が毎年多いのは、計算問題等がある為で、問題数が多いのに制限時間が短いのと、解き方をすっかり忘れてしまっていることが...
高卒の就職活動について
就職試験はどのようなことに気をつけて受験するべきでしょうか。最初に就職試験のための問題集を買うときに注意することはどんなことでしょうか。毎年少しずつ変化しているのが、就職の筆記試験は出題傾向です。先輩から譲り受けた古い就職試験本を使っている人もいますが、良い結果を出すには出来るだけ新しい就職試験本を使いましょう。また購入する前には必ず、発行日の新しい本を選ぶことが大切です。表紙カバーだけを最新の物に変えて、中身は古いままといった就職試験の対策本も出版社によってはあるからです。就職試験の中で最も重...
高卒の就職活動について
就職試験はどのようなことに気をつけて受験するべきでしょうか。最初に就職試験のための問題集を買うときに注意することはどんなことでしょうか。毎年少しずつ変化しているのが、就職の筆記試験は出題傾向です。先輩から譲り受けた古い就職試験本を使っている人もいますが、良い結果を出すには出来るだけ新しい就職試験本を使いましょう。また購入する前には必ず、発行日の新しい本を選ぶことが大切です。表紙カバーだけを最新の物に変えて、中身は古いままといった就職試験の対策本も出版社によってはあるからです。就職試験の中で最も重...
高卒就職の学校推薦について
視野に入れておいたほうが良いのは、高卒の就職には学校推薦という就職方法もあるということです。就職先の中でも学校推薦によるはものは、高校で企業からの求人票を受け付けているようです。就職試験を受けるチャンスを、高卒者を対象とした求人票の中から希望の企業に就職登録をすると、高校内の推薦参考会で選ばれた場合のみ得ることが可能です。推薦参考会であなたが選ばれると、高校から調査書と校長の推薦状をもらえます。注意しなければならないのは、これは内定ではなくあく迄も就職試験のチャンスに過ぎないということです。就職...
就職活動のすすめ方
どんなことから手を付けて良いか、就職活動のすすめ方といきなり言われても戸惑う人も多いかもしれません。まだ新卒ならそうでもありませんが、転職の場合はきっかけを掴むのも大変です。とりあえず就職情報を、転職活動をはじめるという人はインターネットや雑誌で収集してみましょう。最初は雰囲気に慣れるところから初めてみるのがおすすめです。就職活動は情報の多さが重要ですので、就職情報サイトの流し読みぐらいから始めてみましょう。今まで興味の無かった業種に惹かれることや、知らなかった職種に心躍らせることもあるかもしれ...
就職活動で成功する面接
就職活動を成功させるためには、面接で自信と熱意を見せることがとても重要です。もちろん履歴書の書き方や面接でのマナーも大事ですが、実社会ではマニュアルがそのまま通用する訳ではありません。志望の熱意をきちんと伝えるためには、明るい態度やハキハキした答え方をしましょう。マニュアル通りの就職活動では、人事の方に熱意を伝えることはできないからです。自分に自信が無いと、毅然とした態度に表れないものであり、これは社交性の有無だけの問題ではないのです。熱意は、自信があってこそはじめて伝えることができるのものです...
求人募集動向とフリーターの就職事情
フリーターの就職事情と、求人募集動向についてご説明します。総務省が発表した労働力調査によると、34歳までの若年者のアルバイトやフリーターの人数は、減少傾向にある事が報告されているようです。フリーターの減少傾向は企業が再び新規社員や新卒者を積極的に求人募集している動向と関係があります。これは景気の回復による事業拡大等によるものです。高校生の就職内定状況も、企業の業績回復によって、求人募集の増加に即結びつきやすいので回復傾向にあるといいます。求人募集の増加により、就職出来ずにフリーターやニートとなる...
就職内定を得る為の履歴書
就職の内定を得るためには、まず履歴書の書き方が重要となります。修正液は使わず、誤字や脱字のない履歴書を書き上げることが第一です。また履歴書だけではなく封筒にも気を配りましょう。宛名の走り書きや、しわくちゃの封筒はマイナスイメージを与えてしまいます。就職内定の合否はこんなところから決まってしまうこともあるので注意が必要です。ちなみに、案外見逃しやすいポイントが、どのような写真を貼るかです。確実に内定をもらうため、履歴書用のサイズに合わせてまっすぐに切った写真を、ズレやヨレもなく貼ることは最低条件で...
就職内定を得る為の面接
就職内定を得る為には欠かせない面接は重要なポイントです。事前の準備を万全にしておくことで、内定も近づきます。就職の内定を希望する企業の下調べをしておくことで、意欲をアピールすることができ、また面接時の会話もスムーズになります。ちょっとした部分から内定の可否は変わるので、気をつけましょう。内定のためには、面接で相手の印象を損ねるような服装は避け、10分前には指定された場所に着けるよう必要なら下調べをしておきます。遅刻はもってのほかです。トラブルに巻き込まれた時の事を想定し、余裕を持った行動を心掛け...
面接後から就職内定まで
面接後からも就職内定までは、しておくべき事はあります。面接を終えたからといって、気を抜いてはいけません。履歴書を提出して面接を済ませたとしても、内定をもらうまではまだ就職活動中です。内定をもらうため、諦めずに取り組みましょう。まず、面接を終わらせた後には、お礼の連絡を入れるようにします。状況次第ではありますが、電話の方がeメールよりいいようです。採用担当者も血と肉の通った人間ですから、肉声で直接感謝の意を伝えることで、相手にいい印象をもらってもらえます。相手と自分を置き換えてみて、感じの良い対応...
就職フェアについて
複数の会社による合同説明会が就職フェアという形で開催されることがあります。就職フェアには、毎回多くの企業が優れた人材を求めてブース参加をします。採用担当の人が各ブースでは待っており、詳しい求人内容や会社の内容について説明してくれます。色々な状況の人が就職活動に出向いているので、いい刺激になるでしょう。また、様々な会社の様子が一目で見て取れるので、興味深い情報に接することかできます。就職フェアでは、求職者が興味のある会社とセッションを取れ、その場で自己アピールが出来るのが魅力です。現在、就職フェア...
就職フェアと履歴書
就職フェアに参加する際に、履歴書や職務経歴書を持参する必要はありません。しかし自分が足を運ぶ予定の就職フェアに、初めからお目当ての会社が来ると判っている場合は、履歴書や職務経歴書を準備した方がより好印象を与えられます。履歴書や職務経験書を出すという形で、就職にかける意欲を相手に伝えることができるからです。また、就職フェアに参加する企業の中に本命が見つからない場合でも、履歴書は役に立つことがあります。希望の業種があるのならば履歴書にその旨を記載し、希望の業種の企業ブースに持ち込むと良いでしょう。企...
就職フェアの利点
就職フェアの大きな利点は、1日で多くの企業説明を受けられる点にあります。就職フェアにでも行かない限り、何人もの採用担当者と対話することはできません。就職フェアには実に様々な企業が出展していますので、少しでも関心のある会社のブースには積極的に出向くようにしましょう。わざわざ就職フェアの会場まで足を運んだのですから、時間を余らせずにどんどん話を聞いていけば、そのうち興味も出てくるかもしれません。それまで関心がなかったジャンルの話でも、時間的な余裕があったら聞いてみても面白いかもしれません。ひょっとし...