転職,仕事,求人

これ迄のフリーターと就職事情

1980年代後半はフリーターという単語が一般的になった頃です。
この頃、日本経済は上昇気流に乗っていました。

膨大な労働力が必要とされていた時代で、企業はどこでも人手不足でした。
コンビニの増加や建設ラッシュにより、夜中や重労働も厭わないアルバイトが求められていたのです。

就職先には困らなかったために、生活の安定より自己実現を優先してアルバイト生活を送っても、問題なく生計を立てることが可能だったのです。
経済が低調に転じると、雇用全体の量が減ったことによって正社員の門は狭くなり、低い給与で雇えるアルバイトが積極的に労働力として用いられるようになりました。

そのため、就職活動をしても数多くの若者が正規採用につけず、企業は新採用の人数を減らしていくという就職の厳しい状況にもなりました。
結果的に、正社員を臨んでいながらもアルバイトやパートの仕事をしなければならないという人が出てきています。

フリーターという単語を定義し、実地調査を行った1991年時点での、フリーター総人口は約62万人。
しかし、それから12年後の2003年、フリーター総人口は約3.5倍の217万人です。

このようにフリーター数が増えたのは、求職側ではなく求人側の都合も関係しています。
企業はバブル崩壊後の景気低迷期に、正社員の採用を抑え、労働力を非正規雇用に置き換える事によって人件費削減を図りました。

あるいは、即戦力となる人材を求めて中堅どころの採用を重視し、新卒採用を減らす会社も少なくありません。
正社員を希望して熱心に就職活動を続けていても、経済活動の低下に伴い採用の動きが変化したことによって、正規雇用につくことが困難になっています。


これ迄のフリーターと就職事情関連エントリー

就職時の面接試験について
転職・仕事・求人の情報
就職試験の面接での自己PR
転職・仕事・求人の情報
就職の面接試験でのポイント
転職・仕事・求人の情報
就職試験と就職活動
転職・仕事・求人の情報
就職サイトの種類について
転職・仕事・求人の情報
就職サイトの内容について
転職・仕事・求人の情報
就職サイト利用のメリット
転職・仕事・求人の情報
就職情報サイトの利点
転職・仕事・求人の情報
就職情報誌の利点
転職・仕事・求人の情報
就職情報の入手の仕方について
転職・仕事・求人の情報
インターネットや人材紹介会社の就職情報
転職・仕事・求人の情報
就職活動時の一般常識対策について
転職・仕事・求人の情報
就職試験に役立つ一般常識試験の攻略ポイント
転職・仕事・求人の情報
就職活動の一般常識とは
転職・仕事・求人の情報
ニートと就職活動
転職・仕事・求人の情報
ニートの就職活動のポイント
転職・仕事・求人の情報
ニートの就職成功への道
転職・仕事・求人の情報
フリーター就職事情の今後
転職・仕事・求人の情報
これ迄のフリーターと就職事情
転職・仕事・求人の情報
フリーターと就職
転職・仕事・求人の情報
フリーターとニートの就職支援
転職・仕事・求人の情報
政府の就職支援対策
転職・仕事・求人の情報
就職支援と労働市場について
転職・仕事・求人の情報
就職ガイダンスとは
転職・仕事・求人の情報
就職ガイダンスと就職セミナー
転職・仕事・求人の情報
高校生の就職ガイダンス
転職・仕事・求人の情報
転職活動に役立つ履歴書とは
転職・仕事・求人の情報
就職試験の傾向と対策
転職・仕事・求人の情報
高卒の就職活動について
転職・仕事・求人の情報
高卒の就職活動について
転職・仕事・求人の情報
高卒就職の学校推薦について
転職・仕事・求人の情報
就職活動のすすめ方
転職・仕事・求人の情報
就職活動で成功する面接
転職・仕事・求人の情報
求人募集動向とフリーターの就職事情
転職・仕事・求人の情報
就職内定を得る為の履歴書
転職・仕事・求人の情報
就職内定を得る為の面接
転職・仕事・求人の情報
面接後から就職内定まで
転職・仕事・求人の情報
就職フェアについて
転職・仕事・求人の情報
就職フェアと履歴書
転職・仕事・求人の情報
就職フェアの利点
転職・仕事・求人の情報