転職,仕事,求人

フリーターと就職

何年か前から、フリーターという言葉を耳にします。
フリーターとは日本で就職していない就労形態のことを意味します。

アルバイトやパートタイマー等で生計を立てている人を指す言葉です。
フリーターは、フリーアルバイターとも言われ、就労形態を現す用語なので、職業の区分として用いるのは間違っています。

厚生労働省はフリーターの定義として、在学・就職をしておらず、女子は加えて未婚であることのうちどちらかの条件を満たし、年齢は15歳以上34歳以下であることとし、1991年に実質調査を行いました。
現在、就業している者については勤め先における呼称が、正社員ではなくアルバイトやパートと呼ばれている雇用者である事です。

求職活動中の人に関しては、希望している雇用形態が正規雇用ではなく、アルバイトやパート先を探している人が該当します。
家事見習いでもなければ学生でもないことが条件です。

この言葉はアルバイト情報誌の編集長が発案した造語で、初出は1997年です。
そしてその後、広辞苑に載るほどに成長しました。

フリーターという言葉は完全な造語です。
外国語圏でフリーターといっても伝わりませんし、入国手続き時の審査欄に書いても通じません。

パーマネントパートタイマーという言葉がフリーターに最も近い意味合いを持ちます。
近い将来にプロの音楽家や役者、画家、作家などになるために、正社員にならずらアルバイトを続けて生活費を稼ぐという人たちが、1980年代後半のバブル期には結構いたようです。

そういう若者に対しては、プータローと蔑視した呼び方ではなく、人生を真剣に考える若者として応援したいという意味から、フリーターという言葉が生まれたのです。


フリーターと就職関連エントリー

就職時の面接試験について
転職・仕事・求人の情報
就職試験の面接での自己PR
転職・仕事・求人の情報
就職の面接試験でのポイント
転職・仕事・求人の情報
就職試験と就職活動
転職・仕事・求人の情報
就職サイトの種類について
転職・仕事・求人の情報
就職サイトの内容について
転職・仕事・求人の情報
就職サイト利用のメリット
転職・仕事・求人の情報
就職情報サイトの利点
転職・仕事・求人の情報
就職情報誌の利点
転職・仕事・求人の情報
就職情報の入手の仕方について
転職・仕事・求人の情報
インターネットや人材紹介会社の就職情報
転職・仕事・求人の情報
就職活動時の一般常識対策について
転職・仕事・求人の情報
就職試験に役立つ一般常識試験の攻略ポイント
転職・仕事・求人の情報
就職活動の一般常識とは
転職・仕事・求人の情報
ニートと就職活動
転職・仕事・求人の情報
ニートの就職活動のポイント
転職・仕事・求人の情報
ニートの就職成功への道
転職・仕事・求人の情報
フリーター就職事情の今後
転職・仕事・求人の情報
これ迄のフリーターと就職事情
転職・仕事・求人の情報
フリーターと就職
転職・仕事・求人の情報
フリーターとニートの就職支援
転職・仕事・求人の情報
政府の就職支援対策
転職・仕事・求人の情報
就職支援と労働市場について
転職・仕事・求人の情報
就職ガイダンスとは
転職・仕事・求人の情報
就職ガイダンスと就職セミナー
転職・仕事・求人の情報
高校生の就職ガイダンス
転職・仕事・求人の情報
転職活動に役立つ履歴書とは
転職・仕事・求人の情報
就職試験の傾向と対策
転職・仕事・求人の情報
高卒の就職活動について
転職・仕事・求人の情報
高卒の就職活動について
転職・仕事・求人の情報
高卒就職の学校推薦について
転職・仕事・求人の情報
就職活動のすすめ方
転職・仕事・求人の情報
就職活動で成功する面接
転職・仕事・求人の情報
求人募集動向とフリーターの就職事情
転職・仕事・求人の情報
就職内定を得る為の履歴書
転職・仕事・求人の情報
就職内定を得る為の面接
転職・仕事・求人の情報
面接後から就職内定まで
転職・仕事・求人の情報
就職フェアについて
転職・仕事・求人の情報
就職フェアと履歴書
転職・仕事・求人の情報
就職フェアの利点
転職・仕事・求人の情報