転職,仕事,求人

睡眠時間と仕事市場

睡眠時間と仕事市場について。
この20年、人々の年間の睡眠時間は年々減っていると、「社会生活基本調査」の中で総務省は公開しています。

睡眠時間が減少する一方、労働者の1日の仕事時間は増加傾向にあり、長時間労働を続ける日本人の仕事市場が浮かび上がっています。
労働者の1日の平均仕事時間は6時間9分で、5年前より10分増加しています。

どうして勤務時間が長くなってしまうのでしょう。
企業に聞いたところでは、規定の時間では必要な作業が終わらないので時間をかけざるをえないという回答が多いようです。

2割の会社が、売り上げが落ちる等で、人手を減らすことになったために仕事に時間をかけなければならなくなったとしています。
企業の合理化による人員整理や、新規採用を減少させたことで、仕事に長時間かけることが常態化している会社もあります。

しかし、慢性的な人手不足によって睡眠時間を削っても働き続けている人が存在する一方で、仕事につけずに長い間求職中という人が多いことも事実なのです。
多様就業型ワークシェアリングとは、労働者の長時間の労働問題を解決するために考案されたもので、厚生労働省が今熱心に勧めているものです。

ただし、一人一人の仕事を減らすことで外の客との折衝にトラブルが生じたり、フルタイムで出ている人があおりを食うこともあります。
国内の仕事市場では、このようなトラブルを抱え込んでいる状態といえるでしょう。

もしも、失業中だけれど働く意志がある人と、睡眠時間を削ってまで無理をして働き続けている人との仕事を平均化することが可能なら、もっと働きやすい環境となり、仕事市場も向上するでしょう。


睡眠時間と仕事市場関連エントリー

仕事探しに焦りは禁物
転職・仕事・求人の情報
仕事探しで評価される点
転職・仕事・求人の情報
仕事探しのポイント
転職・仕事・求人の情報
仕事のやりがいとは
転職・仕事・求人の情報
高収入と資格について
転職・仕事・求人の情報
仕事のやりがいと高収入について
転職・仕事・求人の情報
仕事の市場について
転職・仕事・求人の情報
睡眠時間と仕事市場
転職・仕事・求人の情報
女性の仕事市場
転職・仕事・求人の情報
主婦の仕事と家事
転職・仕事・求人の情報
主婦に人気の在宅ワークという仕事
転職・仕事・求人の情報
ハローワークによる仕事の紹介
転職・仕事・求人の情報
紹介予定派遣で仕事を探す
転職・仕事・求人の情報
ハローワークによる求人の案内
転職・仕事・求人の情報
新聞や求人広告による求人の案内
転職・仕事・求人の情報
インターネットによる求人の案内
転職・仕事・求人の情報
短期の仕事のメリット
転職・仕事・求人の情報