転職,仕事,求人

女性の仕事市場

どんな労働状況の中に、女性はいるのでしょう。
厚生労働省は最新の人口推計を基に試算した、仕事市場の見通しを発表しています。

今後の労働者人口は、2030年では5,587万人。
2006年時点での人数は6,657万人なので、実に1,070万人の落ち込みです。

女性労働力は、このような状況にあってヒューマンリソースを支えうる存在として、着目されているのです。
働く人の人数は、2006年では女性が2,700万人、男性が3,800万人です。

数自体は男性の方が多いですが。
前年と比べると男性は3万人減、女性は9万人増なのです。

結婚後も仕事を辞めずに働き続ける女性が増えており、共働きを続ける人が増えたことから、ここ3年は連続して女性の働き手は増え続けています。
女性の働く場所は、一度退職するとなかなか再就職が難しいという特長もあります。

結婚や出産のために仕事を辞めた人は、育児が一段落してからは働きづらいのです。
女性の仕事と家庭の両立が難しかった理由としては、自分の体力が持たなかったという回答が半数以上を占めています。

女性が仕事しやすい環境を作ることができれば、日本の仕事市場がさらに活性化され、きっと景気回復の一助になる事でしょう。
男性が会社を立ち上げる場合、一番多いのは55歳以上だそうです。

しかし、女性の場合は30代後半の企業が多く、それ以後は少しずつ少なくなっていきます。
会社を立ち上げるという女性たちは30代や40代ですが、このくらいの年齢の人は育児もしています。

育児も仕事もしなければならないということが、女性には求められています。
もしも、失業中だけれど働く意志がある人と、睡眠時間を削ってまで無理をして働き続けている人との仕事を平均化することが可能なら、もっと働きやすい環境となり、仕事市場も向上するでしょう。


女性の仕事市場関連エントリー

仕事探しに焦りは禁物
転職・仕事・求人の情報
仕事探しで評価される点
転職・仕事・求人の情報
仕事探しのポイント
転職・仕事・求人の情報
仕事のやりがいとは
転職・仕事・求人の情報
高収入と資格について
転職・仕事・求人の情報
仕事のやりがいと高収入について
転職・仕事・求人の情報
仕事の市場について
転職・仕事・求人の情報
睡眠時間と仕事市場
転職・仕事・求人の情報
女性の仕事市場
転職・仕事・求人の情報
主婦の仕事と家事
転職・仕事・求人の情報
主婦に人気の在宅ワークという仕事
転職・仕事・求人の情報
ハローワークによる仕事の紹介
転職・仕事・求人の情報
紹介予定派遣で仕事を探す
転職・仕事・求人の情報
ハローワークによる求人の案内
転職・仕事・求人の情報
新聞や求人広告による求人の案内
転職・仕事・求人の情報
インターネットによる求人の案内
転職・仕事・求人の情報
短期の仕事のメリット
転職・仕事・求人の情報